大和梵天 東京都杉並区 JR中央・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口徒歩7分の予約制 刺青スタジオ 
Aug 18, 2015

刺青・タトゥーの痛さについて

今回は刺青やタトゥーの痛さについてです。彫り物 未経験の方から よく聞かれる質問です。

痛いか痛くないかと聞かれれば『痛い』です。ただし『我慢 出来る痛さ』です。

『どんな感じで痛い』かは、縫い針か安全ピンなどで軽く(血が出ない程度に)肌を突いてください。そのような痛みです。個人的な意見ですが、安全ピンで血が出ない程度に軽く肌に針を刺すのと、タトゥーを彫る痛みは 大体 同じです(そんなに大きな違いは無く感じます)。痛いのが苦手で心配な人は ファースト・タトゥー(初めて彫る刺青)は小さいもの(名刺サイズ以下)をお勧めします。

骨折や外科手術をするのに比べると(タトゥーを彫る痛みの方が)楽です。ちなみに外科手術の最中は麻酔をしますが、手術が終われば麻酔は少しづつ切れてきます。

当然の事ですが、痛いのが好きで刺青・タトゥーを彫るわけではありません。

繰り返しますが 刺青・タトゥーは『我慢 出来る痛さ』です、ご安心ください。

 

彫ってる時の痛みは、最初の5分位の間は痛いのですが その後は(個人差が有りますが)慣れます。

針を刺す痛みもありますが、その他には(刺青を)彫ってる最中に薬品(グリーンソープ・医療用の石鹸)で血やタトゥーのカラーなどを拭き取るのですが、その時に”ヒリヒリ”します。タトゥーを彫って傷になってるところにアルコールなどは含まれている薬品で拭き取る訳ですから ヒリヒリ(しみるような感じ)します。どんな感じかと言うと、日焼けして肌がヒリヒリする感じに近いです。

このヒリヒリする感じは 1回(1日)で長時間、大きい面積の刺青を彫る時に感じます。1回(1日)で刺青を彫るのは(個人差が有りますが)最大で6時間くらいにしたほうが良いと思います。おおよそ彫り始めて5時間ほど経つと最初に彫った箇所はヒリヒリしてきます。

Posted in 彫り物No Comments » 

関連記事

Comment





Comment